京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ

過払い金無料診断サービス.png

過払い金取り戻しましょう.png

選ばれる理由.png

無料相談バナー2.png

債務整理・過払い請求のご相談実績

当事務所では、債務整理・過払い請求の無料相談を行っております。
どのような相談をすればよいか分からない!という方は、下記よりご相談事項をご覧頂くことができます。

2016年6月速報:6月は、27件の債務整理・過払い請求のご相談を頂きました>>
2016年5月速報:5月は、27件の債務整理・過払い請求のご相談を頂きました>>
2016年4月速報:4月は、27件の債務整理・過払い請求のご相談を頂きました>>
2016年3月速報:3月は、31件の債務整理・過払い請求のご相談を頂きました>>
2016年2月速報:2月は、34件の債務整理・過払い請求のご相談を頂きました>>

毎日受付! 借金問題ご相談予約ダイヤル お気軽にお問合せください 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております

LINE出の相談予約.pngのサムネール画像


過払い金のお客様の声.png

2社完済2社返済中の借金で、4社合計520万円の過払金を回収した事例

Before
過払いで困った人.png

当事務所にご依頼前

50代の京都さん(仮名)は、毎月の返済に困っていたところ、
知り合いからF&Partnersに頼んだら過払金が返ってきたと聞きまして相談しました。
以前から回収できることは知っていましたが、多額の手続費用がいると思い、なかなか相談にすらいけませんでした。
 
過払い金返済額520万円.png

当事務所にご依頼後

京都さんには、完済済みの2社、返済中の2社の債権会社からの借金で、
過払い金が合計520万円があることが診断でわかりました。
そこで、当事務所が過払い金返還請求をサポートさせていただくことになり、無事京都さんの過払い金を回収することができました。
After
過払いで喜んでいる人.png

お客様の声

「過払金が返ってくるとしても、せいぜい1、2社だけだろうと思っていましたところ、依頼した4社全てから回収していただき助かりました。
こんなことなら、もっと早くお願いすればよかったと悔やんでおります。ご丁寧な対応ありがとうございました。」

 

お客様の声については、こちらをご覧ください。>>

京都・滋賀・大阪 債務整理相談所の解決事例

過払い金の返金期限が近づいております!

プロミス・アコム・レイク・アイフルなどの債権者別過払い金返還請求

今までに、消費者金融(アコム、プロミス、アイフル、レイクなど)や、ローン会社(オリコ、ニコス、セディナ、アプラスなど)にてお借り入れのあるお客様は、過払い金があるかのご確認をお願いいたします。

アコム過払い.png プロミス過払い.png アイフル過払い.png レイク過払い.png

0910_banner.JPG

 「借金の取り立てが厳しい、
なんとかならないか」
担当司法書士 西岡

 

 「クレジットカードで
キャッシングしていませんか?」
担当司法書士 中村

 

 「プロミスへの過払金請求」

担当司法書士 西岡

●借金問題・債務整理に関するおすすめ最新トピックス

時効援用.png

TOM.png


相続財産の債務整理.png

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.