京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

60代男性 1社時効援用を行ったケース

【依頼前の状況】

15年ほど前に借入をしており、最後の返済から10年以上経過していたのですが、最近になって督促のハガキが来るようになり、とても不安な気持ちでした。

 

 

【依頼後の感想】

最後の返済から5年以上経過しており、時効の中断事由などもなければ時効の援用という手続きができることを知りました。
私の場合、幸いにも中断事由もなかったので時効援用の手続きをお願いし、督促のハガキも来なくなり、安心して生活しております。

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.