京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

住宅ローンの返済が難しく、サラ金からの借入が増えていったケース

Dさんの場合

15年前に結婚を機に住宅を購入し、ゆとり返済で住宅ローンを組みました。
給料が上がることを念頭に入れた計画だったのですが、会社の業績は悪化し、ボーナスも大幅カットされてしまいました。そうこうしている内にゆとり返済の期間が終了してしまいましたが一向に給料は上がらず、子供も生まれ、家計の出費は益々増えていったので、家計の足りない部分をサラ金から借りた金で補うようになっていきました。打開策がみつからないまま徐々にサラ金からの借入れは増えていき、ついにはサラ金数社の借入れ総額が600万までに膨れ上がってしまいました。これはもう破産するしかないと考えたのですが、家は手放したくはありませんし、ローンの連帯保証人になってくれた親にも迷惑は掛けたくありません。何かいい方法はないかと近くの司法書士事務所に相談すると、任意整理を薦められました。
 

Dさんが取った手段は任意整理

任意整理は借金整理の中では非常にメジャーな借金整理方法で、全体の8割9割が任意整理だといわれています。弁護士や認定司法書士に依頼された場合もまず任意整理が先に検討されるでしょう。Dさんの場合、サラ金からの借入期間が長いので返済額を大幅に減らせる可能性があります。また、任意整理は住宅ローンのみを整理の対象からはずす事もできるので、Dさんの希望に沿うことが可能です。
 

手続きについて

任意整理はまず個人ではする事はないので、弁護士や認定司法書士に相談に行きましょう。
借入先やご自分の収支の資料を持っていけば、受認まで時間が掛からずに済みます、その分だけ早く受認通知が出されて借金の催促が止まることになります。
後は、受認した弁護士や司法書士とこれからの返済計画をたて、着手金を支払えば後はその弁護士、司法書士が整理対象としている貸し主に直接交渉してくれます。
一般的には1~3ヶ月程度ですが、貸主の同意が容易に得られない場合はもっと掛かるおそれもあります。
 

任意整理後の生活

お願いした司法書士さんが交渉してくれた結果、借入れをしていた5社のサラ金の内3社の返済がなくなり、1社が40万過払い、最後の1社は返済額を12万にまで減額していただきました。今は司法書士さんが過払いが出たサラ金に対して過払金返還請求の訴訟を起こしていただいていますが、近々和解できそうとの報告をいただいております。
一時は途方に暮れ、自殺まで考えたのが借金が一気になくなってくれたおかげでまたやり直す気力が涌いてきました。

Dさんのようにサラ金との取引期間が長い場合は払った利息が多すぎて元本がなくなったり、更には払いすぎたお金が戻ってくるといったことが珍しくありません。
借金で首が回らなくなったと思っていたら実は借金が無くなっていたと知ったら、多重債務で悩んでいる方にもきっと道が開けてくるでしょう。
 




司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.