京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 自己破産
  • 自己破産は司法書士、弁護士どちらに相談するべき?
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産は司法書士、弁護士どちらに相談するべき?

「自己破産相談は司法書士と弁護士どちらにしたほうがいいの?」
というご相談を頻繁にお受けします。

意外にも、破産は弁護士だけしかできないという誤解が多いのです。

当事務所(司法書士)は多くの自己破産実績を保有しているだけでなく、費用面でも相談者様の負担を極力抑えたサポートをしております。
naka0001.jpg

司法書士、弁護士ともに自己破産申立を業務として取り扱うことができます。
しかし、司法書士に依頼した場合と弁護士に依頼をした場合では、法律上の取り扱いが異なります。

弁護士は、債務者(破産者)の代理人として自己破産申立を行います。これに対し、司法書士ができるのは、自己破産申立書の作成および裁判所への提出です。そのため、法律上の位置づけとしては、債務者(破産者)本人が申立人であり、司法書士は書類作成者ということになります。

しかし、債務者本人が自己破産申立をする、いわゆる本人申立であっても、司法書士に依頼している場合には、とくに不都合がないことがほとんどです

司法書士が関与しての自己破産申立の場合、司法書士事務所を書類の送付先とすることよって、裁判所から書類は全て司法書事務所に届きますし、裁判所書記官などからの電話による問い合わせも全て司法書士あてに行くことになります。

したがって、裁判所とのやりとりのほとんど全てを司法書士が行えるのですが、弁護士が代理人として自己破産申立するときとの大きな違いがあります。それは、裁判官との面接(破産者審問期日)の際に司法書士の同席が許されない場合があることが挙げられます。

破産者審問期日は、自己破産申立で申立人(破産者)が裁判官と顔を合わせる唯一の機会です(同時破産廃止の場合)。

ただし、この破産者審問は多くの場合ほんの数分で済み、とくに難しいことを質問されるわけではありません。
しかも、司法書士がしっかりと書類を作成している場合には、事前に書類を見れば必要なことは分かるので、面接の場でいろいろ聞く必要はないでしょう。
司法書士だからといって不安だということはございません。

何より、一番の違いは報酬費用にあるといえます。
当事務所(司法書士)は着手金0円、申し立てに際する費用も弁護士と比較すると当事務所は非常に負担が少ないといえます。

なお、上記は主な収入が給料や年金のみである大多数の個人に当てはまりますが、会社経営者や多くの資産を持っている方などについては、弁護士を代理人として自己破産申立をした方が良いと思われる場合もあります。
そのようなときは、ご相談の時点でお伝えしますので、当事務所にご相談いただければ大丈夫です。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。






2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.