京都・滋賀・大阪 債務整理・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

生活費不足から借金を重ねたSさんのケース

「相談前状況」

Sさんのご主人は日雇いの仕事、Sさんはパートで月30万ほどの収入がありましたが、身内の冠婚葬祭、子供の学費や出産等でまとまったお金が必要になり、その費用を賄おうと、カードローンで借りいれるようになりました。ご主人の日雇いの仕事も少なくなり、生活費不足から、ますます借り入れに頼るようになり、総額220万円程の借り入れがありました。

「解決方法」

Sさんの話をお聞きすると、以前破産の免責を受けていることが分かりました。また、事務所に相談に来られる前に、一度弁護士事務所で任意整理をされていました。
今回また支払不能になった理由をお伺いすると、ご主人が怪我で仕事が全くできなくなり、Sさんのパートの収入だけでは、ご主人の医療費や生活費が賄えなくなり、月々の返済が困難になったから、とのことでした。
このような状況で、支払続けるのは困難と判断し、2度目の破産手続きを進めることになりました。

「解決後状況」

二度目の破産申し立てでしたが、無事に免責決定が下り、二度目とのことで心配されていたSさんも大変安堵されていました。
ご主人の年金とSさんの収入で何とか生活します、と新たなスタートを切ることができました。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。






2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.