京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産と生活保護

 

複数の会社からの借金によってその額が膨大なものとなれば、自己破産を申請することも 検討されるでしょう。
これは生活保護を受ける前、受けている最中に関わらず、起こりうることです。
 

わが国では生活保護受給者も自己破産できるとされています。
そもそもの自己破産を申請する目的が返済できなくなった借金を免除するといったものですから、生活保護受給者であろうと関係のないとの理由からです。
 

一方で、自己破産せずに、生活保護として受け取ったお金を借金の返済資金にすることはできません。
理由は簡単で、生活保護の支給の目的が、人としての最低限度の生活を送っていくためとしているものですから、生活保護費は借金返済に使うことができないのです。
 

また、自己破産申請後に生活保護を受けられるか?といったことが挙げられますが、この場合は、生活保護の支給の目的から外れているわけではないので、生活保護を受けることは可能です。
ただし、生活保護を受給している方は、生活保護のお金だけでは足りなくなった場合でも、新たに消費者金融等から借金をすることは厳禁となっていますので、くれぐれもお気を付けください。
 

自己破産を申請した後というのは、生活が非常に苦しく、もうどうしようもない場合、最後のセーフティーネットとして生活保護の受給を申請してみましょう。
また、自己破産も、これを行ったからといって、人生そのものが終わってしまうわけではありません。
借金の完済が全く見えてこない状態であるなら、恥じることなく、司法書士の協力を得て自己破産を申請することをおすすめいたします。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.