京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

DVへの慰謝料は免責されません

 自己破産の手続を行う場合、最大の目的は免責決定つまり借金を免除してもらう決定を裁判所から出してもらうことにあります。免責決定が出ることによって、破産申立ての際に裁判所に届け出た債権者一覧表に記載された債権者に対しては、今後借金を支払う必要がなくなります。しかし、いくつかの非免責債権、つまり、破産手続によっては免責されない(借金が免除されない)債権が規定されています。

 配偶者に対するDVによって慰謝料の支払債務を負担している場合はどうでしょうか。法律には、具体的な非免責債権が列挙されているのですが、不法行為で発生した債権は、非免責債権として扱われる場合があります。たとえば悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権、故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権などです。

 この点、DVを理由とする慰謝料支払債務は、法律上は、不法行為に基づく損害賠償債務(民法709条、710条)と考えられますので、非免責債権に該当することが想定されます。ただ、民法上の不法行為は、「故意又は過失」が要件であるところ慰謝料請求権が単なる過失の不法行為の場合は該当しません。それでも、「悪意で加えた」という要件が立証されれば、DVを理由とする慰謝料請求権は、非免責債権として扱われることになります。

 DVという行為の性質上、「悪意で加えた」という要件を充たしていることが原則的な処理と思料されますので、DVによる慰謝料は免責されないのが原則です。ただ、規定を正確に理解することは、法律の知識がないと困難ですので、お一人でお悩みにならずに、熟知している司法書士に相談下さい。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.