京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

連帯保証人がきっかけの自己破産

 世の中には理不尽なことがたくさんあります。例えば、友人や知り合いの連帯保証人になってしまったばっかりに、知り合いや友人の債務を全部負担することになってしまった・・なんて話は、実は少なくありません。

 連帯保証人になってしまった以上、本人が滞納すれば債務を代わりに返済しなければなりません。友人に文句を言いたくても、音信不通になってしまうこともあります。そんな時は、悔しくても自己破産すべきであると言えます。今回は、連帯保証人の恐ろしさと自己破産について説明します。

 連帯保証人の怖いところは、その責任の大きさにあります。一般的に保証人と同じイメージを持っている人が多いと思いますが、実は、連帯保証人と保証人は大きく違う点があります。まず、1つ目は、連帯保証人には催告の抗弁権がないという点です。当たり前ですが債権者(お金を貸している側)は債務者(お金を借りている側)に対して、債務を返済してくださいと請求できます。単なる保証人であれば、債権者が保証人に対して債務の返済を請求してきたら、保証人は、いやいや、先に債務者に請求してくださいよということができます。連帯債務者にはこの抗弁権はありません。つまり、直接連帯保証人に請求できると言うことです。

 次に、連帯保証人には、検索の抗弁権がありません。保証人は、債権者に対して、債務者に財産がある場合に、まずそちらから請求せよと言えます。これが検索の抗弁権です。これは、債務者に十分な財産があったとしても直接連帯保証人に対して請求しても良いと言うことです。

 最後に連帯保証人には分別の利益がありません。保証人は、保証人が複数いる場合に保証人の一人当たりの保証額は全体の債務を保証人の数で割ったものになります。連帯保証人にはこの分別の利益がないので、連帯保証人、保証人が複数いても上限の金額がないと言う事になります。

 総合して考えると、お金を借りている人と同じ立場になるということですから、連帯保証人が自己破産するケースは少なくありません。連帯保証人になる場合は慎重に考えなくてはならないのです。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.