京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

リボ払い・ツケ払いが原因の自己破産

 今は手元にお金がないけど、この商品がどうしてもほしい、そういう時に役に立つのがリボ払い・ツケ払いです。リボ払いを使えば、毎月の返済額を少ない金額に減らしてくれますし、ツケ払いを使えば、後でお金を支払うという約束で物を買うことができます。

 このシステムは一見便利ですが、ツケ払いや、あとからリボを利用して支払えなくなる人が急増しているので、ツケ払い・リボ払いは後でちゃんと払える額かよく考えてから使う必要があります。

 リボ払いの場合、支払い方法をリボ払いに変えるだけで、カードの限度額まで買い物できるので後で問題になりやすいです。

 毎月の返済額が5万円、10万円になると「さすがにこれだけ返済するのはきついから、今回は買い物をやめておこう」となりますが、リボ払いを使うと、高い買い物をしても毎月の支払金額があまり増えないので、知らず知らずのうちに借金が増えてしまうのです。

 今はネットで商品を見る、その商品をリボ払いで買う、と繰り返すことで、カードの限度額まで商品を買うことになってしまいがちです。本当は、こうなる前にカードの使い方を見直すのがいいのですが、返済ができなくなったら、債務整理をすることも必要かもしれません。

 債務問題に詳しい司法書士なら、親身に話を聞いてくれ、時には自己破産も選択肢に入れて、きっといい知恵を出してくれることでしょう。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.