京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産を避けるための家計簿

 自己破産をしてしまう人には、家計の管理能力に何らか問題があるケースがあります。もちろん、前触れもなく大きな病気にかかるなど、どうしようもない不可抗力で(つまり家計の管理能力とは別の問題のために)自己破産してしまう人もいますが、家計をうまく管理出来なくて破産が必要な状態になる方も多いのです。では、そういう人が家計をうまく管理できる方法はあるのでしょうか。
 
 効率よく家計を管理するために必要なのが、家計簿です。家計簿をつけることで、いかに無駄遣いがあるか、無理な収支状況か分かるので、その家計のどこに問題があるか把握することができます。例えば、家賃は収入の3分の1までが相場と言われていますので、月収が20万円の人が10万円の家賃を払っていたら払い過ぎということになりますし、他にも食費や通信費が過大だったら、それらの物をカットすることで、家計管理が容易になります。
 
 保険料や教育費などの費用も、家計簿をつけることで、それだけのお金を払うのが本当に適正なのか、それとも減らすべきなのか判断しやすくなります。自己破産の手続では裁判所に家計収支表の提出が必要であることを考えると、借金を抱えている人は、将来の自己破産を見据えて、あるいは今のうちに家計を改善するために家計簿をつけておくといいでしょう。
 
 ちなみに、今は家計簿アプリなんてものもありますので、いちいちノートに家計簿をつける必要はありません。スマホ、ノート、パソコン、好きな所に家計簿をつけるとよいでしょう。

 ですが、どれだけ上手く家計簿をつけて家計を管理していっても、今ある借金が過大だと、家計を立て直すことは難しいので、今何百万もの借金を返済中の方は、まず生活を立て直すために自己破産など債務整理を検討するのもよいでしょう。ベテランの司法書士に任せれば、自己破産手続の負担もかなり軽減されます。借金を抱えているならまずは司法書士に頼ってみることをお勧めします。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.