京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産手続でいう「浪費」とは

 キャッシングが手軽に出来るようになり、多くの人が利用出来るようになりました。しかし手軽に利用出来るようになった事で、お金を返済する事に追われてしまい生活出来なくなってしまう人が増えています。
お金の問題は、他の人に相談出来ず1人で悩んでどうする事も無くなっている人も少なくありません。

 借金問題を抱えてどうする事も出来ないと考える人の中には夜逃げなどの手段を取ってしまう人もいます。

 そんな夜逃げなどをせずに借金問題に悩む人には、解決策として法的な救済手段として債務整理という方法があり、借金の金額が多く返済出来ないと認められれば自己破産という方法を取る事も出来ます。

 自己破産は、裁判所に申し立てを行い、支払い不能だと認められれば免責が許可されます。しかし、自己破産を申し立てても浪費していた事が判明すると、浪費は免責不許可事由となり自己破産が認められなくなってしまいます。

 この「浪費」とは、ギャンブルや風俗などが有名ですがその他にも買い物や外食でも免責不許可事由になることがあります。買い物の場合には、金額や頻度によって浪費と判断されます。具体的には、自分の収入に見合わないようなブランド品などを頻繁に購入している場合には、浪費と判断されてしまい、自己破産を行う事が出来なくなってしまいます。

 ただしを購入した理由が誕生日などに購入しただけなど、浪費にはならず裁判官が納得する理由があれば浪費にはなりません。外食も買い物と同じ事で、自分の収入に見合わないような金額の外食を繰り返しており、それが原因で返済が滞っている場合には浪費と判断されてしまいます。

 どこからが浪費でどこまでなら許されるのかが曖昧な部分があり、素人が判断するのは難しいものがあります。自己破産の手続き自体も素人では難しいので専門家である司法書士に相談下さい。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.