京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

 最近金利が下がった場合でも過払請求できる?

 
払いすぎた金利を取り戻せる、いわゆる過払請求のことをご存じの方は多いと思います。
 
「利息制限法の定める上限を超えて違法に取っていた利息は、利用者に返還しなければいけない」という判例が確定しており、法廷で争っても無駄だということを貸金業者は知っているため、法律の専門家から過払い金請求されれば、大手の貸金業者ならアンカー返還に応じることが多いです。
 
このような請求の代行は、司法書士や弁護士などに頼む必要があり、資格のない人に頼むことはできません。
 
 
ところで、専門家に頼むにしろ、自分で請求するにしろ、借り入れを行った貸金業者が、今では金利を利息制限法の範囲内に下げた状態になっていたらどうでしょうか。
「今では法定利息内なので、過払い金請求はできない?」いえいえ、確かに現在の金利は利息制限法の範囲内に下げられています。

しかし、それは、過去に遡って金利を下げたわけではなく、将来発生する金利を下げたにすぎません。
過去に利息制限法の範囲を超えて支払った金額であり、現在の利息を利息制限法の範囲内に下げたとしても全く関係のない金額です。

ですから、「現在利息制限法の上限を守っている金融業者だから、過払い金を請求するのは難しいのかもしれない…。」などと心配する必要はまったくありません。

過去に,本来支払う必要がないにもかかわらず,貸金業者に支払い過ぎたお金を取り戻してください。
考えてみれば、過払金利を利息制限法の範囲内に下げた請求によって、利息制限法の上限を超えた利息分(つまりすでに発生している過払金)を取り戻すことは、過去に遡って金利を下げるのと同じことになります。

金利を利息制限法の範囲内に下げた業者に過払請求をすれば、過去、現在、将来、すべての段階の金利が利息制限法で定める範囲内となる結果になるのです。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.