京都・滋賀・大阪 債務整理・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

過払金に利息はつくのですか?

過払請求では、サラ金などの消費者金融の金融業者に対して「過払金が発生した時から年5%の利息」をつけた過払金を請求する事が出来ます。あれだけ苦しめられていた利息は、もちろんこちらが請求を行う過払金にもつくのです。
今回は、「過払い金に対しての利息と請求方法」について詳しくお話をさせていただきます。
 
年5%の利息をつける事は最高裁判所で決定した事項です。「たかが5%か」とあなどってはいけません。
 
例えば、過払金が100万円を超えるようなケースにおいては、年5%の利息はおよそ10万円から50万円前後の非常に大きな額となります。この為、サラ金などの貸金融の金融業者と債務者との取引期間が長ければ長いほど、過払金請求の際の年5%の利息請求分は大きな物となってくるのです。
 
しかし、最近では金融業者も「みなし弁済が成立するであろう事を予測していたので、こちらは悪意の受益者とはならず、一年あたり5%の利息は発生しない」とする「悪意の受益者」の利息支払義務を理由として5%の年利の利息をつけた過払い金請求に対して裁判で争ってくるようになってきています。

これに対し最高裁判所は「たとえみなし弁済の適用があると信じていたとしても、やむを得ない特別な事情がない場合には年5%の利息が発生する」という判決を下しています。この為、たとえ金融業者側が争う姿勢を見せているとしても、問題なく年5%の利息をつけた過払い金請求を行う事が出来ます。
 
ただし、借入金の完済から10年間が経過するなど完済後、長期間経過している場合には過払い金請求が時効となりますので、あなたが完済してからどの程度の期間が経っているのかについてはお知らせください。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.