京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

業者が既に過払い金の再計算を・・・

最近では、過払い金に関する情報をメディアで目にすることも多いと思います。借金において払いすぎた利息がある場合、過払い金返還請求をすることで返還してもらうことができるのです。
この過払い金返還請求には、所定の手続きが必要であり、とても煩雑な工程もあるので、過払い金を回収している人の多くが、司法書士などに依頼をし、請求をしているケースがほとんどとなります。
 
まず過払い金返還請求では、業者から開示された取引履歴をもとにして、適法な利率に基づく再計算を行い、そしてその結果、過払い金が発生した場合に、業者に対し過払い金返還請求を行います。その後、司法書士などの専門家と業者とで返還額・時期など交渉を行うという流れになります。
 
それでは、開示された取引履歴がもう再計算してあったという場合はどうなるでしょうか。ニコス・オリコ・セディナなどの業者でよくあるようです。計算が済んでいて楽に思われるかもしれませんが、このような場合、業者に有利な利息充当方式で、開示履歴などが計算されていることが多いので注意が必要です。
 
そのため、業者の計算結果を鵜呑みにせずに、専門家にも計算してもらいましょう。私たち司法書士が結果をご報告いたします。そうすることで、不当に低い金額でない、より多くの過払い金を請求できる可能性が高まります。
プロミスと言えばSMBCコンシューマーファイナンスがサービス展開をしているテレビのCMなどでもおなじみの大手消費者金融ですが、プロミス自体は様々な消費者金融を合併しながら巨大化してきた組織のため、過払い金返還請求に関しても非常に複雑な手続きが必要になる場合があります。

合併の中でたとえばアットローンの場合は三井住友銀行傘下で営業を行っていたため。金利もグレーゾーン金利を適用していませんでした。その為過払い金自体がアットローンの場合は発生していないため、過去にアットローンを利用していた人は過払い金返還請求を行う必要はありません。もし過払い金返還請求を行っても金利が適正でしたので過払い金が発生していないので請求自体が無駄となりますので注意しましょう。
 
プロミスに対して過払い金返還請求をする場合には、一連計算で過払い金返還請求をするかどうかも重要になってきます。これは過去に何度も借り入れと完済を繰り返していた場合に個別計算よりも一連計算のほうが過払い金の金額が大きくなるため、プロミス側は個別計算を主張してくるということです。一連計算で過払い金返還請求が行えるかどうかが過払い金の金額にも大きな影響を与えてきますので司法書士に相談して出来るだけ多くの過払い金を取り戻せるように対策を行いましょう。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.