京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

過払請求は裁判を起こすのですか?

過払金返還請求を行う際、通常、裁判外で任意に「請求を認めて返金します」ということを確約させるための交渉する方法を取りますが、裁判を利用する方法もあります。裁判を利用する理由として、任意交渉では過払い金が減額されてしまう可能性が高いことが挙げられます。

本来であれば過払金を全額回収したいところですが、貸金業者が「これだけの金額で勘弁してください」と、ある程度の割合金額を打診してきて、実際この金額まで抑えることが多いです。いくらか返金すると言えばとりあえず納得してくれるだろうと思っているために、先方が全額を提示することはまずありません。このように自分が貰える金額が減ってしまうことを理由に、裁判に打って出る人もいます。
 
裁判を行うメリットは、徹底的に回収できることです。減額することを認めず、裁判によって過払い金全額を利息付で取り戻すことができます。しかし、業者側も黙ってはいないので、交渉によって早期解決を図ったり、裁判に出席をして減額を要求することもあります。それだけ裁判の決定力は強いのです。
 
一方で、裁判には印紙や郵便切手などの実費手数料がかかり、司法書士に更なる手続きをしてもらわなければならないので、費用負担は大きくなりやすいです。この点を踏まえても取り戻す金額が減ることに納得いかない場合は、費用がかかることを覚悟して裁判をおすすめします。
 
どのような方針で行うのか、まずはご相談の上、お考えください。司法書士も確実に回収できるかどうかを判断して、最終的な提案を出します。

 

 

過払い金返還請求に関する他の記事は、下記をご覧ください。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.