京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

2度目の債務整理はできるの?




動画トップに戻る



司法書士法人F&Partnersの麻田と申します。よろしくお願いいたします。

 

 

 2度目の債務整理はできるの? 

 


過去に債務整理手続きを専門家に依頼されて、分割返済をスタートしたという方は、もう二度と借金はしない、人生をリセットしたいという決意のもとご返済されていたと思います。


ところが、長い返済計画の途中で、給与やボーナスをカットされた、病気や事故で一時的に休職せざるを得ない、身内に不幸があり、突然の出費があった等、思いもよらない事情によって、ふたたび返済が困難になってしまう事は、誰にでも起こりえる事です。
 

 

 過去の和解内容kakokakon 

 



通常任意整理の和解書には、「2回以上返済を怠った場合には、借金の残額に遅延損害金をつけて一括で返済しなければならない。」という条項が定められており、返済が滞った場合には、債権者から一括返済を求められる事になりますが、多くの場合、一括返済をするというのは困難でございます。
そうすると、最終的には債権者から残額の返還を求めて訴訟され、財産や給料の差し押さえがされる事にもなりかねません。

 

 再び返済が困難になったときはどうすればいい? 

 
では再び返済が困難になったときはどうすればいいのでしょうか?一つは、「自己破産」や「個人再生」といった別の債務整理を選択するという方法と、再度任意整理をして新しい返済条件のもと和解を成立させる、このどちらかを選択する事になります。


「任意整理後、返済がかなり進んでいて、完済まであと少し」といった場合ですとか、「一時的に収入が落ち込んだだけで、またしばらくすれば通常どおり返済が可能である」という場合には、もう1度任意整理手続きをとる事が望ましいケースというのがございます。


一度任意整理をしたからといって、もう1回任意整理をする事ができないという制限はございません。これには債権者の協力が必要ですけれども、2度目の債務整理も不可能ではございません。
 

 他の事務所で任意整理された方でもOK 


返済が滞って債権者から一括返済を要求された、債権者から督促がくるようになった、なんとか返済してきたけれども、もうこれ以上返済は返済は難しい、という場合はですね、私どもの事務所では、任意整理の相談は無料でございますので、2度目でもあきらめずに相談いただければと思います。

 

関連動画


動画トップに戻る

2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.