京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

住宅を手放さずに債務整理



 
動画トップに戻る


 司法書士法人F&Partnersの西岡です。

 住宅を手放さずに債務整理 

  今日は、住宅を手放さずに借金を整理する方法をご紹介させていただきます。

多くの借金をかかえた人にとって、もう自己破産するしかないと
お考えの方は多くいらっしゃいます。
自己破産となると、マイホームも手放さなくてはなりません。
しかし、せっかく苦労して手に入れたマイホームです。
どうしても住宅だけは守りたいという方が多くいらっしゃいますので、
そういった方法の一つとして、個人再生手続というものがあります。

 個人再生手続とは? 

  個人再生手続とは、まず住宅ローンはそのまま支払いながら、
住宅ローン以外の債務について、最大5分の1に圧縮して
支払っていくという方法です。
ただし、最低でも100万円は返済しなければなりません。
1番で圧縮した債務について、原則3年で返済していくというのが
個人再生手続になります。
要するに、住宅ローンをそのまま支払いながら、高い金利の借金については
大幅に圧縮して返済していく方法を個人再生手続と言います。
この方法であれば、住宅を守りながら借金を整理していく事ができます。

 個人再生を利用できる条件 

  ただし、個人再生手続を利用するには、いくつかの条件があります。
まず代表的なものとしては、将来的に一定の収入が見込まれること。
安定的に収入が得られないと返済していく事ができないので、
継続的な収入が必要になってきます。
2つ目、住宅ローンを除く債務総額が、5000万以下でなければなりません。
3つ目が、不動産に住宅ローン以外の抵当権がついていないことが必要になります。

 F&Partnersにご相談ください 

  以上が代表的なものですが、その他にもいくつか条件があります。
実際に個人再生手続が利用できるかどうかは一度ご相談ください。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。
今日はありがとうございました。
 


関連動画


動画トップに戻る

2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.