京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

専門家ブログ

返す必要のない借金とは

藤巻米隆 司法書士法人 F&Partners 社員。
皆様の思い・ビジョンを実現するサポート役であり、
コーディネーターでありたいと思っています。

ヒロシマナガサキ

2007年08月22日

先日「ヒロシマナガサキ」というドキュメンタリー映画を見に行きました。
25年間アメリカが封印していた映像が公開されていました。
原爆投下の翌日の映像です。
すさまじいものでした。悲しすぎるものでした。
地上は摂氏5000度です。
お母さんの体が黒焦げでゆするとばらばらと崩れてしまったそうです。
暑いのでみんな川に飛び込んで死んでいったそうです。
生き残った人も病気や差別に苦しんで自殺した人もいたそうです。
自殺しようとしても怖くてできなかった人もいたそうです。
死ぬのを選ぶ勇気と生きることを選ぶ勇気があるとおっしゃっていました。
その方は生きることの勇気を選ばれました。
原爆投下にかかわったアメリカ人は、その行為は正しかったといいました。
戦争を終わらすためには必要であったと。
理屈はそうですね。でもその現場を見た人間は、これはいけないと思うと思います。
この感性・情を大切にしたいですね。
戦争をやめるには論理ではなく情理で判断しないとね。
戦争は絶対にしてはいけないし、政治の手段として戦争をしてはだめですね。
被爆国として平和を伝える役割が日本にはあるような気がしました。
投稿者 : 2007年08月22日 13:55

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.