京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

過払金の消滅時効


過払金の請求を考えている方からよく次のような相談を受けます。

「過払金を請求したいけど、借金をしていたのは何年も前のことだし・・・」


このように考えて過払金の請求をあきらめている方は多くいらっしゃいます。しかし、実際にどれくらい期間が経過すると過払金は請求できなくなるのでしょうか?

 

過払金還請求権は、10年間で時効により消滅します。

この10年は取引終了時から進行します。つまり最後に取引した日から10年以内であれば、取り戻せる可能性があるということです。

 

「昔のことで領収書も捨てたし、いつ完済したか覚えていない」という方もいるでしょう。

その場合には、取引のあった貸金業者に対して、取引履歴の開示を請求します。

貸金業者には借主から取引履歴の開示の求められた場合には、取引の履歴を開示しなければならない義務があります。

取引の履歴をみれば、最後に取引した日から10年が経っているかどうかはすぐに判明します。

 

何もせずに過払金を時効で消滅させるのはもったいない話です。

過払金があるのではとお思いの方は、お早めにご相談ください。

tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.