京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産手続きと住宅

自己破産手続を行うと、原則、自宅は換価処分されます。
自宅が処分されれば、次に住む場所を探さなければいけません。

ただし、自己破産を申し立てたらすぐにでていかなければならないということではありません。任意売却や競売(裁判所が自宅を処分)により、買い手が見つかるまでは、住み続けることができます
house201306.png
それでは、任意売却と競売では、どのような違いがあるのでしょうか。
任意売却では、ある程度の引越代は債権者が負担してくれ、引越時期も相談できる場合があります。ただし、早期に退去を求められるので、引越し先での家賃が発生することになります。

自己破産申立後に、裁判所が自宅の処分をした場合、転居費用はでませんが、一般的に任意売却よりも時間がかかりますので、その分長く自宅に住むことができます。
以上のとおり、任意売却、競売それぞれにメリット・デメリットがあります。いずれの方法を選択すべきかについては、我々が申立人の方々の状況に応じ、最良の手段をご案内させて頂きます。是非一度ご相談ください。
 
※なお、上記は、申立人が申立人名義の家に住んでいる場合の話です。賃貸住宅にお住まいの場合は、自己破産申立後も今までどおり生活をすることができます。


2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.