京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

個人事業主の破産

個人事業主の破産手続きにおいては、在庫や店舗等の資産価値のあるものは処分換価の対象となり、事業の継続が事実上困難になりますので、一般的には廃業となると解されます。

しかしながら、事業の形態によっては事業を継続することも不可能ではありません。

営業を継続できるものとしては、自宅で、従業員を雇わず、在庫を必要としない事業が典型例です。もちろん当分の間は新たな借り入れはできませんので、すべて現金での取引となります。

取引先が数社のみで実質的に雇用されていることに変わりない場合や、パソコンと電話さえあれば仕事ができる、手に職を持っている方等に関しては自己破産後も営業を続けていくことは十分可能と考えられます。

当事務所では、お客様のご要望にできる限り沿う手続きをご提案させていただきます。
自己破産以外にも、一定の収入があるのであれば、債務を圧縮した上で分割にて返済してゆく個人再生手続きも検討することができます。

詳しくは当事務所までお気軽にご相談ください。

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.