京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

破産手続「廃止」?

 

破産申立てを裁判所におこなうと、裁判所から出される決定書には以下のように書かれています。

 

主文

1 債務者○○につき、破産手続を開始する。

2 本件破産手続を廃止する。

 

この主文を一読して、

「廃止」とは、破産手続は失敗したことを意味するのか。

という疑問をお持ちの方は多いと思います。

 

しかし、そうではありません。

 

破産事件は本来、個人と会社を問わず管財事件(換価・配当すべき財産がある場合に採られる手続き)とされるのが原則です。

ですが、今回は、裁判所が管財事件にする必要はないと判断し、破産手続開始決定と同時に破産手続を終了(廃止)することとしたのです。これを「同時廃止」といいます。

この破産手続の同時廃止がなされることにより、免責手続(借金の支払義務を免れるための手続き)に進むことができるのです。

上記のような決定がでた場合、手続は順調に進んでいますので、ご安心ください。

 

以上、ご参考になれば幸甚です。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.