京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

浪費者は自己破産できないのか

 

自己破産の相談で来られたお客様と面談をしていると、借金の使途として浪費を伺わせることを聞くことがあります。

自己破産の手続きで一番問題となるのが、この部分です。

 

破産法には浪費、ギャンブルが原因の借金は免責不許可事由であると明記されています。

免責不許可というのは、債務の支払義務を免れられないということです。

もし免責不許可になれば、任意整理か個人再生で分割返済していくしかありません。

 

では、浪費、ギャンブルをしていれば自己破産を諦めるしかないのかというと、そうではありません。

なぜなら、免責不許可事由があるからといって100%免責不許可になるとは限らないのです。

 

裁判所は免責不許可事由があったとしても、借入れに至った事情や背景、浪費の程度、反省の有無を総合的に判断した上で、免責決定を出すという運用をしています。

これを裁量免責といいます。

 

破産状態の方はなんかしら浪費ととらえられる行為をしているものです。

 

自己破産は債務者の経済的更正のためのキッカケです。

専門家にぜひ一度ご相談ください。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.