京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 自己破産すると保証人も債務がゼロになりますか?
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

 自己破産すると保証人も債務がゼロになりますか?

 免責がおりれば債務を帳消しに出来るのが自己破産のメリットですが、この自己破産にもデメリットがあります。そのひとつが、債務者が自己破産すると、その保証人に請求が来てしまうことです。
債務者が自己破産すると保証人の債務もなくなるから、自己破産したら債務者も保証人もお金を払わなくていい、そう勘違いされている方がいますが、そんなことはありません。債務者が破産して債務を帳消しにしても、保証人の債務はなくなりません。
 
 ここで保証人の制度説明をさせて頂きます。実は保証人制度には、連帯保証人という制度と保証人という制度、2つの制度があります。連帯保証人の制度は、債務者が借金を払えなくなったら、かわりに連帯保証人がその借金を支払うというもので、債務者が自己破産した時点で残っている債務を、すべて連帯保証人が支払わなければいけません。連帯保証人は債務者と一蓮托生なのですが、連帯の付いていないただの保証人の場合、少し意味合いが違ってきます。
 
 この保証人も、連帯保証人と同じ借金の保証人であることに違いはありませんが、負うべき責任が連帯保証人より軽いのです。仮に債務者が自己破産しても、その債務を全額負う必要がありません。
債務者が自己破産した場合、どれだけの債務を保証人が背負うことになるのかは、状況によって異なりますが、自己破産したら連鎖的に保証人の債務が消えるわけでないことは確実です。ただし保証人が自己破産をしたら、保証人自身の債務を帳消しにすることが出来ますので、保証人が債務から逃げられない、ということはありません。
 
 債務者が自己破産するにせよ、任意整理など他の方法をとるにせよ、保証人に迷惑をかけてしまうことは確かです。自己破産をするなら、その辺りのことも含めて司法書士に相談下さい。きっと司法書士なら、ベストの解決策を見つけてくれることでしょう。


2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.