京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 離婚をしないと配偶者に不利益が?
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

離婚をしないと配偶者に不利益が?

自己破産をするといくつかの不利益があり、その代表が、当分の間クレジットカードを作ったりキャッシングをすることが出来ないという点です。この不利益は配偶者にもふりかかってくるのでしょうか。そして離婚しないと配偶者もクレジットカードを作ることが出来なくなるのでしょうか。
 
 結論から言えば、自己破産から生じる不利益はあくまで申し立てた本人のものです。配偶者には何の不利益もありません。夫や妻が破産していようがいまいが、その配偶者の属性(年収や借金の有無などのことです)のみで、キャッシングやカード発行審査の可否が判断されます。ですから配偶者の利益を守るために離婚をする必要はありません。今まで通り、夫婦として生活していけばいいのです。
 
 ただし、自己破産をするのが一家の大黒柱で、その配偶者が専業主婦(あるいは専業主夫)であった場合は別です。この場合、配偶者本人に収入がないので、その結婚相手の収入が重視されます。その時、一家の大黒柱が自己破産していると、キャッシングやクレジットカードの審査に通らなくなる可能性があります。そうなった場合は自己破産の記録が信用情報機関から消えるのを待つか、配偶者自身が外に出て働くか、どちらかを選びましょう。
 
 自己破産は法で認められた権利なので、確かに家などの価値ある財産を処分しなければならないという不利益はありますが、破産を考えるほどの経済状況なら、債務帳消しという利益の方がはるかに大きいです。自己破産は専門的なことなので、素人が独力で行うのはよくありません。専門家である司法書士のサポートの下で行うのがおすすめです。



2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.