京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

FXと自己破産 

 賭け事や投資で作った借金を理由として自己破産する場合、免責不許可事由に当たるとして、借金が免責されないことがあります。では、FXで何百万、何千万の借金を背負った場合、自己破産しても免責は下りないのでしょうか。
 
 結論から言えば、株で作った借金であろうが、FXで作った借金であろうが、(100%ではありませんが)免責がおりることがあります。なぜなら、裁判所は普通に考えれば免責不許可事由に当たる場合でも、裁量免責(裁判所の裁量で免責を認めるということです)を使って免責をおろすことがあるからです。なので、FXで作った借金であっても免責がおりないということはありません。
 
 ただし、あまりにひどいケースの場合、裁判所が免責をおろさないこともあります。例えば、消費者金融で100万円借りてFXをし、それを全部使ってしまったので、また消費者金融で200万円借りてFX、さらにクレジットカードを使ってキャッシングをし、それらの借金が返せなくなったから破産する、というようなケースです。ここまで無計画に借金をしてFXをした場合、裁判所から悪質なケースだと見なされ、免責がおりない可能性があります。
 
 この場合、FX自体が問題でなく、消費者金融でFXの資金を借りたこと、そもそも返す気があったのか疑わしいことから、悪質と見なされる可能性があるということですが、このように悪質な場合でなければ、FXで出来た借金が原因で自己破産をしても、裁量免責で裁判所が免責をおろしてくれます。なので、FXのしすぎで借金が積み重なってきたら、無理をせずに、早めに自己破産したほうがいいでしょう。
 
 自己破産には、投資やギャンブルで出来た借金は免責しないというルールがありますが、柔軟に破産が認められていることが多いので、FXで出来た借金だから破産しても免責されない、などと思い詰める必要はありません。借金の理由が免責不許可事由であっても、裁量免責されないとは限らないので、そういう借金に悩んでいるなら、法のプロである司法書士に相談下さい。


2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.