京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 学生でも条件によっては自己破産が可能です
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

学生でも条件によっては自己破産が可能です

 自己破産は何らかの理由で債務が返済できなくなっていまい、将来に渡っても債務返済ができないと判断されるときに適用される債務整理の方法の一つです。一般的には自己破産をする人は社会人が多いですが、学生でも自己破産をすることが可能となっています。
 
 自己破産をするには、まずは裁判所に必要書類を添付して自己破産の申し立てをします。そして裁判所の免責許可が降りて初めて債務が免責されることになります。つまり自己破産の恩恵は裁判所が認めてくれない限りは受けられないことになります。裁判所から認められた自己破産は債務をすべて免除してもらえるので、債務を一切返済する必要がなくなるという強力な債務整理の手段です。学生であっても、借金を作った理由が生活費や病気などの治療費というような場合には、自己破産の申し立てをすれば裁判所は認めてくれることが多いのですが、学生の場合の自己破産の申し立てをする理由が生活費や病気での借金ではなく、キャンブルなどに代表されるような浪費であることが少なくないため、免責が認められないケースもあります。
 
 債務が返済できなくなった理由が浪費の場合は免責不許可事由に当たります。しかし、免責不許可事由に当たったとしても、免責が認められることがあります。それが、裁判所の裁量免責とよばれるものです。裁量免責が認められるのにはいろいろなケースがありますので、裁量免責が認められるかどうかは素人が事前にはなかなか判断しにくいです。裁量免責が認められるかどうかは裁判官の裁量によって決められるからです。
 
 学生でも自己破産が認められる可能性はありますが、裁判所からの免責が下りなかった場合は任意整理などを検討する必要があります。自己破産をするにしても、任意整理をするにしても自分で手続をすることも可能ですが、法律の専門家に相談して依頼するほうがいろいろな手続がスムーズに進むことが圧倒的に多くなります。自己破産や任意整理を検討しているならば専門家である司法書士法人F&Partnersにご相談ください。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.