京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 自己破産は「終わり」じゃなく「始まり」
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

 自己破産は「終わり」じゃなく「始まり」

 自己破産と聞くと、どうしても嫌なイメージがつきまとう方も多いようです。自己破産について詳しくは知らないものの、なんとなく「人生の終わり」のような不安を感じることもあると聞きます。決して終わりではなく、お金がどうしても返せない、そんな時の助け舟的存在、自己破産です。
 
 まず自己破産について。自己破産は、簡単に言うと健全な生活を取り戻すために行います。あくまでも合法的な行為です。自己破産は、借入れ状況や家計、借入れに至った理由について裁判所へ報告し、その結果裁判所が「支払い不能」と認めた場合、支払いの免除を受けられる手続です。もちろんマイナス面が全くないわけではありません。例えば資産の処分。持ち家や土地などの一定の資産がある場合、借入金の返済へとまわされます。次に官報にのせられ、7年程度の間、借り入れができなくなります。また、免責の決定を受けるまで職業が制限されてしまいます。 
 
 とはいえ、返済できず困った環境を変えられるのが自己破産です。デメリットよりも断然メリットのほうが大きいでしょう。まずは司法書士へ相談しましょう。 
 
 次に任意整理について説明します。任意整理は、司法書士、もしくは弁護士を代理人にして債権者と話し合い、借金を分割で返済していく方法です。メリットは自己破産に比べると手続が簡単なこと。将来利息のカットも魅力のひとつです。デメリットは5年間に渡って借入れができなくなること、現在任意整理手続に応じてくれない業者も増えていることです。和解がうまくいかない場合この手段を取る事ができません。
 
 最後に個人再生。裁判所へ再生計画を提出し、認可されれば債務が大幅に減額される制度です。デメリットは約5年から10年借り入れができなくなること、官報にのってしまうこと、そして返済能力がない限りこの手続き自体が不可能である、ということです。つまり安定した収入がない限り、個人再生は行えません。
 
 どの手続きをとるにあたっても、まずは相談すること。思いつめるよりもまずは最初の一歩をすすめましょう。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.