京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 自己破産しても会社をクビにならないのか?
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産しても会社をクビにならないのか?

 何らかの理由で借金をしたり、負債ができることは誰にでもあり得ることです。最初はきちんと返済する予定が事情により難しくなることもあるかもしれません。また、知人や家族の連帯保証人になり、借金をかぶってしまうというケースも考えられます。幾ら返済を頑張っても返せる見込みがないとなると自己破産などの債務整理をすることになるでしょう。では、自己破産をすると会社をクビになるのでしょうか。
 
 人それぞれ置かれている状況は違いますが、通常は大丈夫と思っても良いでしょう。自己破産をすると官報に名前と住所が記載されます。これは自己破産したことが公になることを意味しますが、一般人は官報をチェックしないので、官報に載ったからと言ってバレる可能性はまずありません。もちろん、可能性はゼロではありませんが、限りなく低いと思って良いでしょう。
 
 ただ債務整理の際、いろいろな書類が必要となります。これは会社にばれずにそろえることが可能ですが、気をつけるのは退職金見込額証明書です。これは役所ではなく、勤めている会社からもらわないといけません。会社にこの退職金見込額証明書を請求すると、何に必要なのか不審がられることもあります。債務整理に必要な書類だと会社の事務担当者が知っているなら、債務整理をすることがバレてしまうかもしれません。あるいは、退職金の額が知りたいということは会社を辞める気かもしれないと疑われる可能性もあります。
 
 会社から借金をしているなど、会社内において問題行動がある場合は解雇の可能性もないとは言えませんが、単に自己破産しただけでクビになる可能性は少ないです。ですが、それでもバレないにこしたことはありません。債務整理を考えているなら、法律の専門家である司法書士に相談下さい。司法書士に相談し、アドバイスを受けながら手続をしていくことをおすすめします。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.