京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 自己破産をしても銀行口座を作ることは可能
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産をしても銀行口座を作ることは可能

 自己破産をした場合、銀行口座を作ることができないと思っている人も多いかもしれませんが、銀行口座を作ることは可能です。
 
 自己破産をしたとしても、借入れ先ではない銀行の口座についてはそのまま利用することもでき、破産の手続が終わった後であっても、銀行口座を開設することもできるようになっています。
現在使用している銀行口座について、借り入れがある場合には、凍結される可能性はあります。この口座凍結のタイミングは、弁護士や司法書士が介入したことを通知する受任通知が届いた時点が多いため、それまでに口座預金をおろしておく必要があります。
 
 銀行口座が凍結された後でも、クレジットカードの引き落としがされてしまうこともありますから、凍結前にすべての預金を引き出しておくようにしましょう。
 
 銀行から借り入れがあり、会社の給与振り込み口座がカードローンで借りた銀行と同じ場合には、自己破産の申し立てと一緒に、給与の振り込み口座も凍結されてしまいますから、必ず給与振り込み先の銀行名を違う銀行へ変更しておく必要があります。給料が振り込まれても引き出すことができなくなってしまいますから、要注意です。
 
 借り入れがカードローンとは違う消費者金融だから大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、大手の消費者金融は、銀行の系列に入っていることもあり、関連の銀行口座が凍結されるケースもあります。
 
 自己破産は、裁判所に破産の申立書を提出せば借金がゼロ円になると思っている人もいますが、これは正しくはなく、借金を免除してもらうためには免責許可が必要となります。銀行口座に関することだけでなく自己破産については是非司法書士法人F&Partnersにご相談ください。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.