京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産はどこに申立てる?

 自己破産をする時に、自己破産をどこに申立てればいいのでしょうか。そして何をすればいいのでしょうか。自己破産を申し立てる場所は、申立人の住所地のある地方裁判所です。そこに行って住民票などの書類とともに、破産手続開始の書類を提出すれば、手続が進みます。
 
 ただし、この時提出すべき書類が欠けていたり不備があると、また書類を取りにいったり、書き直したりする必要がありますので、そう言うことがないように、司法書士などの専門家に依頼するのがおすすめです。
 
 ちなみに、今住んでいる住所と、住民票に記載されている住所が違う場合、今住んでいるところの地方裁判所で手続を行うことになります。住民票に記載されている住所と今の住所が違うから書類不備、ということにはなりませんので、何らかの事情で住民票を動かしにくい人は、心配せずに最寄りの裁判所で手続を行うとよいでしょう。
 
 この地方裁判所へ破産を申し立てることから、自己破産の手続きがスタートします。裁判所による免責審尋が始まりますので、そこで裁判官と面接を行うこともあります。特に問題がなければ免責がおり、そこで破産手続は終了です。
 
 破産申立人に財産がある場合、すぐに破産手続が終わる同時廃止ではなく、手続きに時間がかかる管財事件になるので、少し複雑になりますが基本的にはこれが自己破産の流れとなります。裁判所によっては免責審尋が対面ではなく書類で行われる場合もあります。この場合破産者は裁判官と面接しなくてかまいません。
 
 司法書士法人F&Partnresは自己破産の手続のノウハウがありますので、何でもご相談ください。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.