京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

年金担保融資と自己破産

 世の中には、自己破産をしても帳消しにならない債務があります。そのひとつが、独立行政法人である福祉医療機構が行っている年金担保融資です。年金担保融資は、その名の通り年金の受給権を担保にした融資で、一度融資を受けると、その債務がなくなるまで年金からお金が天引きされ続けます。
 
 この年金担保融資も債務なので、自己破産をすることで他の債務同様帳消しに出来る、と思っている人が多いですが、実はこの年金担保融資、自己破産してもゼロにならないのです。なので、一度年金担保融資を受けると、その債務を全額を返し切らないといけません。
 
 なぜそんなことになるのか、それは年金担保融資の目的と関係があります。この年金担保融資は、年金生活者が何らかの理由でお金が必要になった時、(返済してもらえないリスクがあるので高齢者にお金を貸しにくい民間金融機関のかわりに)少額のお金を低利で貸す、公的年金を補完するような制度なので、普通の債務のように、簡単に自己破産で帳消しにするわけにはいかないのです。(福祉的な性格が強い年金担保融資を、借金と同列には扱えないというわけです)
 
 ですが、生活に困った高齢者が自己破産して債務を帳消しにし、新しい生活を始めようとしても、年金担保融資のお金は返し続けないといけないので、返済が大きな足かせになります。昔と違い、高齢者の自己破産増加中である現代では、この融資の返済に苦しむ人が増えており、問題になりつつあります。
 
 年金担保融資を借りてしまったら、それを返し続けるしかありません。では、年金担保融資による借金に苦しんでいる人は、自己破産をしても意味がないのかというと、決してそんなことはありません。この融資を受けている人は、他の消費者金融などから借金をしている人、つまり多重債務者が多いので、自己破産でそれらの借金を一掃出来れば、その余裕分を年金担保融資の返済や生活費にあてることができるので、結果として生活が楽になります。
 
 このように、年金担保融資を受けていても、その債務をなんとかする方法はありますので、返済に悩んでいる人は、ひとりで悩まずに司法書士法人F&Partnersに相談下さい。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.