京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産ではNG「偏頗返済」

 自己破産をする時に決してしてはいけないこと、それが偏頗返済です。この偏頗返済とは、他の債権者にはお金を返さないのに、ある特定の債権者にだけ借金を返済する行為のことですが、これを行うと、免責不許可になる可能性があります。自己破産で債務を帳消しにしたいなら、決してやらないようにしましょう。
 
 こう書くと、では滞納していた家賃や光熱費を支払っても偏頗返済になるのか、という話になります。実は、滞納していた家賃などの借金を返すことで偏頗返済になる可能性は低いです。滞納していた家賃や光熱費の支払いまで偏頗返済にしてしまうと、債務者が家を追い出されたり、電気のない生活を強いられることになってしまうからです。それは裁判所も本意ではありませんので、生活に必要な支払いを行っただけで、偏頗返済になるとは限りません(程度によります)。
 
 では、どういうケースが偏頗返済になるのかというと、(生活するのにどうしても必要というわけではないのに)ある特定の債権者にだけ返済を優先するケースです。例えば、友人から借りた50万円の借金だけは(相手に迷惑をかけるから)返すという場合、偏頗返済として免責不許可になる可能性が高くなります。
 
 このように、この人から借りた借金だけは返さないといけないという理由で、ある特定の債権者にだけお金を返すと、それがばれた時大きなしっぺ返しを受けることになるので、避けたほうがいいでしょう。
 
 光熱費や家賃の支払はOK、しかし友人への支払はNGというように、どの事例が偏頗返済になるのか、またならないのかというのは、ケースバイケースで、このお金をこの人(あるいは会社に)返してもいいのか迷った場合、法の専門家に相談するのが一番いいです。自分だけで判断して借金を返してしまうと、後で免責不許可となる可能性がありますので、よくわからないことがあれば、司法書士に相談するのがいいでしょう。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.