京都 債務整理・自己破産・過払い請求の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • コラム
  • 自己破産すると家財道具は全て差し押さえられるのか
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

自己破産すると家財道具は全て差し押さえられるのか

 自己破産をすることになった時、家財道具を没収されてしまうのではないかと心配される方が多くいらっしゃいます。しかし、自己破産をしたからといって、日常で使用している家財道具が全て、没収されるわけではありません。まして、債権者が個別に強制執行して、家財道具を持ち出すということもありません。
 
 また、家財道具は、高価でなければ差押えの対象にはなりません。日常生活で必要な衣類、ベッド、洗濯機、冷蔵庫などの生活必需品は、差押え禁止財産となります。但し、高価なアンティークの調度品など、高値で売却できそうな家具などは、換価処分の対象とみなされる可能性があります。
 
 自己破産をすると、債権者が自宅に押し掛けて、財産を取られてしまうと不安に思われるかもしれませんが、むしろ全く逆で、破産申立をすると債権者は、何も手出しすることができなくなるのです。自己破産した方がいいかどうか迷っている方は、速やかに司法書士にご相談下さい。自己破産は、再出発するための制度です。不必要な情報に振り回されないためにも、一人で悩みを抱え込まずに、司法書士に問い合わせをしてみることをおすすめします。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.