京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

無職でも自己破産できます

 自己破産というのは、債務を支払不能になった人が利用する救済制度です。何度も反省のない理由で破産している人の場合、免責が下りない(つまり債務を帳消しに出来ない)ことがありますが、それ以外のケースなら、債務を帳消しにすることができます。無職・フリーターの人でも、自己破産することができるのです。
 
 ただし、無職・フリーターの人が自己破産する場合、免責とは別のところで問題が出てきます。それは、自己破産費用を用立てるのが難しいという点です。会社員の人と違い、フリーターの人は収入が不安定ですし、無職の人は収入そのものがありません。だから、自己破産の費用をどうするかという問題が出てきます。
 
 この場合、対策は主に3つあります。一つ目の対策は、自力で自己破産することです。自己破産はそこまで複雑な手続きが必要ないので、理論上は独力で自己破産することができます。ただし、法の素人が独力で自己破産しようとすると、思わぬ落とし穴にはまることがありますし、裁判所に必要な書類を提出したりするのも大変なので、この方法はお薦め出来るものではありません。

 なので、自己破産をするなら法の専門家の力を借りるべきですが、その費用が用立てられないと、先に進むことが出来ません。ではどうするべきか、ここで二つ目の対策が出てきます。それは、分割払いに応じてくれる司法書士事務所を見つけることです。司法書士事務所の中には、分割で少しずつ費用を払ってくれればいいという、親切な事務所がありますので、そういう事務所を探して、自己破産をしてもらうよう頼むとよいでしょう。司法書士法人F&Partnersも分割を受け付けています。

 それ以外にも、法テラスを活用して自己破産するという方法があります。法テラスには、費用をいったん肩代わりしてくれる制度がありますので、それを使えば、無職・フリーターの人でも安心して自己破産することができます。分割払いに応じてくれる司法書士事務所を探す、法テラスの力を借りる、など方法がありますので無職・フリーターであっても、自己破産することを諦めてはいけません。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。




2015_telsaimu.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.