京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

サラリーマンのMさんが遊興費で増えた借金のケース

 

≪相談前状況≫

pose_necchuu_computer_man.png

Mさんはサラリーマンで奥さんは専業夫婦、結婚5年目で子どもはおらず夫婦2人で生活していました。
Mさんの年収は600万円程で夫婦2人なら普通に暮らしていれば多重債務になることはあまりないケースでした。
そんなMさん夫婦が多重債務になったきっかけはMさんの遊興費でした。
Mさんはもともと金遣いの荒い方で結婚前は給与のほとんどを遊興費に使っていました。
結婚後は給料を奥さんが管理するようになったため、使えるお金が減り結婚後すぐに遊興費のため、奥さんに秘密にして消費者金融から借入れるようになりました。
結婚3年目になって消費者金融からの借入総額は5社で200万円程になりました。

 

≪解決方法≫

Mさん夫婦は取引履歴が開示されなかった場合、残債務を言われたまま返済するつもりでしたが、取引履歴が開示され利息制限法で引直計算ができ、大幅に債務を減額できたことに喜ばれていました。

tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.