京都 債務整理・自己破産の相談所|司法書士法人 F&Partners

  • 毎日受付!ご相談予約ダイヤル 0120-783-812 平日9~19時 土日祝10~19時 メールでのご予約はこちらから
  • 事務所案内
  • 料金表
  • アクセス
  • お問合せ
過払い金 任意整理とは ●自己破産 ●個人再生・民事再生
特定調停 ●お客様の声 ●無料相談 ●事務所概要

任意整理中でも自己破産できますか

 
 任意整理は、自己破産と違い毎月決められた金額の返済が必要になります。基本的に、この金額は債務者の経済状況を考慮して決められるので、返済できなくなることは少ないのですが、病気などなんらかのトラブルで突発的な支出が出た場合、あるいは仕事を解雇されるなどの理由で予定されていた収入が入らなかった場合、返済が困難になります。
 
 そうして返済を延滞してしまうと、契約違反として債権者から残った債務の一括返済を要求されます。(一回延滞しただけでは一括返済を要求されない場合もあるので、これはケースバイケースとなります)こうなると、もはや任意整理をそのまま続けていくことは難しくなりますが、その場合、改めて自己破産をして債務を帳消しにすることは可能なのでしょうか。
 
 結論から言うと、任意整理に失敗した人が自己破産することは可能です。任意整理と違い、自己破産には債務者との交渉は必要ないので、債務者側が申立すれば自己破産できます。自己破産の条件は、債務者に債務を弁済する能力がないことなので、任意整理中であっても支払不能であれば自己破産はできます。そういう状況に追い込まれたら一人で悩まずに司法書士に相談下さい。
 
 もちろんこういう状況にならないように、任意整理の条件を決める時、ゆとりのある返済計画を決めておくことが一番大切です。毎月5万円は返済できる力があったとしても、病気になるなどの理由で仕事を連続で欠勤し、その結果実収入が減ってしまうと、月2万円返済することも難しくなります。こういうことがいつ起こるかは誰にもわからないので、返済計画を決める時は、経験豊富な司法書士に相談するのがおすすめです。そうすれば、相談者個人の財産状況を見てベストな提案をしてくれることでしょう。
 
 このように、任意整理をする時にゆとりある返済計画を練るに越したことはないのですが、これが出来なかった場合、まずやるべきことは返済計画が破たんしたことを認めることです。返済が苦しいけれどまだ何とかなると思って我慢していると、いずれ困ったことになります。
月々の返済額を減額し、債権者と再和解という形で任意整理を続けることも可能ですし、返済を続けていくことが困難であれば、そのまま自己破産の手続きに入ることができます。

 

 

 

自己破産に関する他の記事は、下記をご覧ください。


tel0001115.png
yajirusi0001.png 事務所概要 yajirusi0001.png 料金について yajirusi0001.png スタッフ紹介
yajirusi0001.png コラム yajirusi0001.png お客様の声  

毎日受付!ご相談予約ダイヤル 平日9~19時 土日祝10~19時 土日のご予約も受け付けております メールでのご予約はこちらから

  • 京都事務所はこちら
  • 滋賀事務所はこちら
  • 大阪事務所はこちら
  • サポート料金表
  • アクセス
  • 図3.png
  • スタッフ紹介
  • 動画ライブラリー
  • お客様の声

contents menu

運営事務所概要

司法書士法人 F&Partners

お問合せはお気軽に0120-783-812平日9~19時 土日祝10~19時

詳しくはこちら

Access Map

京都事務所

滋賀事務所

大阪事務所

司法書士法人 F&Partners

メールでのお問合せはこちら お問い合わせフォーム

お問合せはお気軽にどうぞ 0120-783-812

平日 9:00〜19:00 土日祝 10:00~19:00
※ご面談は時間外対応も可(要予約)

 

 

                                                                                         
司法書士が代理人として依頼をお受けすることができるのは、紛争の目的の価格が140万円以内の事件に限ります。
Copyright (C) 2015 F&Partners All Rights Reserved.